二次_「処方」からの・・・

ここでは、「二次_「処方」からの・・・」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


ヨンは自室に入ると鬼剣を壁に掛け、腕抜きの紐を解く。外した腕抜きを卓の上に置き、
帯を解いて上衣を脱ぐ。脱いだものを部屋の手すりにかけると、そのまま手すりに身体を
預ける。
数歩先の寝台、部屋の隅の長椅子、背中越しの床。それらをさっと一瞥すると、短いため
息を漏らす。万に一つというその妙な夢というものを、今の己は見てしまいそうな気がして
眠ることは諦めた。
問題は薬の効き目が切れるまで、どうやって過ごすかだ。
そこまで考えて自嘲じみた笑いが漏れる。
『滑稽だ』
己が見せる夢に、狼狽えて眠ることもままならない。けれど、数日前に見た夢は確実に
己を典醫寺から遠ざけていた。
あの方を目の前にしたら、抑えが利かなくなってしまうのではないかという危惧。
『あとは・・・』
顔を上げる。
『そうだ。オレは怖いのだ』
夢は己に都合のよいものばかりを見せた。けれど、現(うつつ)ではどうなのか。それを
知るのが怖かった。
ふと、腹に手を当てる。
あの方が切り、縫った傷が疼(うず)いた。この疼きが身体に広がると居てもたってもいられ
なくなる。夢を見てからというもの、その疼きは毎晩己を悩ませた。
『では、今日も・・・』
手すりにかけておいた上衣を手に取ろうとして、その手を止める。
疲れ果てて、夢も見ないほど深く眠ればいい。そう考えて康安殿から下がったあとに、夜の
鍛錬を見るようにした。いつもはチュンソクに任せている鍛錬だったが、己が見るというと
皆が「我も我も」と手合せを願い出てきた。
だが、昨日あたりから部下たちが露骨に視線を避けるようになった。懇願する皆の視線を
一身に受けたチュンソクが、
「あの、テジャン。夜の鍛錬はやはり私が・・・」
と言いにくそうにしているので、仕方なく察した。

改めて、朝までどうするかを考えていると、フッと部屋の灯りが消えた。明かりは柱に一つ
しか点けておらず、何かの拍子に消えても特段に驚きはしない。
けれど、次の瞬間ヨンの身体に緊張が走った。

瞬きをする間に闇が入れ替わった。
手にじっとりと汗がにじむ。
香の匂いが鼻をつく。
『ここは・・・どこだ?』
見知らぬ闇に息苦しさを覚える。身動きはせず、目が暗闇に慣れるのを待った。頭上から
仄かな明かりが漏れており、それでようやく周囲の状況がわかった。
夜の空井(からい)の底。
己が立っているのは、そんな場所だった。
『これは・・・夢なのか?』

ウンスは部屋に入ると、無造作に束ねていた髪を下ろす。卓の椅子に腰かけて、手拭いで
髪の水気を根元から毛先へと丁寧に吸い取っていく。機械的に手を動かしていたその視線
の先に、揺れる秉燭(ひょうそく)の炎があった。
じっと見つめる。いつの間にか手は止まっていた。
「ふーっ」
大きなため息を一つ吐いて、机に突っ伏す。そのままでしばらく動かなかったウンスが顔を
横に向ける。
ふと、棚の上に置いた麒麟の香炉に目が留まる。
それは、昼間にイムグムニム(王様)から賜った品だった。前にもらった高麗青磁を割って
しまったことを知ったイムグムニムが、「好きなものを持っていきなさい」と見せてくれた品々の
中にそれは居た。
縦横20センチほどの香炉。丸みを帯びた麒麟のフォルムがなんとも可愛らしい。ひと目ぼれ
だった。背中のところに蓋があって、そこに香を入れて焚くらしい。両耳の穴から煙が立ち昇る
そうで、それらしい穴が空いていた。
ウンスは麒麟の香炉を手にとって、そのまま暫く麒麟を眺める。磁器で出来ているから冷たくて
滑らかな手触りのはずなのに、それはまるで生きているように温もりがあった。
「なんでだろう?」
呟いたものの、さして気には留めない。じっと見つめていると、麒麟は居たたまれない、困った
顔をしているようにも見える。
「ぬいぐるみに話しかける人の気が知れないって思ったけど・・・」
青磁の頭を撫でる。
「ふふふ。悪くないわ」
ウンスは頬杖をついて、卓の上に置いた麒麟との一方的なおしゃべりに興じる。
「知ってる?ウダルチの鎧にはあなたがデザインされているのよ」
あの人の鎧は、前に二つ、後ろに一つ。麒麟のふんぞり返った鼻の頭を人差し指でツンツン
しながら、ウンスはヨンを思い浮かべた。
「テジャンは今日どうしてた?ねえ、教えて」
手を引っ込めると、頬杖をつく。じっと麒麟を見つめたあと、ハーッと大きなため息をついて
机に突っ伏す。
「ユ・ウンス、お前はどうしちゃったのよ」
ゴツンと卓に額を当てる。ゴツン。もう一度軽くコツンと当ててから、ゆっくりと顔を上げる。
「会いたいな」
もう何日も顔を見ていない。口にすると余計に会いたさが募った。
「ヒヒン(히힝)、ちゃんとご主人様を護ってね。ウダルチの子たちもよ。わかった?」
手を伸ばして麒麟の背中を撫でてやる。ふと、蓋の部分が気になった。
「何か入ってるのかな?」
開けた瞬間煙のようなものが立ち昇ったように見えた。そのあと、スッと鼻腔に抜ける香りが
した。中を覗いてみるが、暗くてよく見えなかった。それ以上の関心もなく、ウンスは蓋を閉じた。

翌朝。
とんとん。
肩を叩かれる。
それから逃げるように寝返りを打つ。
とんとん。
無反応。
すると今度は、グラグラと身体を揺すぶられた。
仕方なく目を開ける。
「トギ、早くない?」
いつもより暗い部屋の中を見渡して、ウンスが文句を言うと、
<テジャンが来てる>
とトギが手振りで伝えた。
「・・・えっ!?ま、待って。ちょっとだけ、待っててもらって!」
慌てたせいで声が大きくなった。トギが伝える必要はない。その声は外で待っていたヨンの
耳にまで届いた。

「おはよう、パートナー」
ウンスが表に迎えに出ると、ヨンが振り向いた。
「しばらくこちらには参っておりませんでしたので、様子を見に伺いました」
しばらく会わないと、この人はいつもこんな風に距離を置いた言い方をする。
「入って。お茶を淹れるから」
断られてしまう前に返事を待たず、さっさと中に入る。ヨンがあとをついてくると、
ウンスは小さくガッツポーズをした。

「どうぞ」
席についたヨンに、ウンスがお茶を差し出すと、ヨンはそのお茶を黙って飲む。
向かいに座ろうとしたウンスが、ヨンの傍を通り過ぎたときにふと気づく。
「あら?貴方、ヒヒンと同じお香の匂いがするわ」
「ゲホッ!」
ウンスがそう呟いた途端、ヨンが盛大にむせた。

らしくない。
何だか可笑しくてウンスはクスクス笑う。

ばつが悪い。
面白くない顔をしてみるが、長くは続かない。目の前で楽しそうに笑うウンスの笑顔に、
頬が緩む。

『逢いたかった』
『逢いたかった』
その瞬間二人は同じことを思っていた。

<おわり>

j様の帰国までに間に合ったかしらん(汗)

下書きはほぼ出来上がっていたのですが、ウンス版とかなり似通っていた(T_T)
で、テイストを変えてみたくていろいろ試行錯誤。

モデルになったのはこの子です。
(画像はウィキからお借りしました)
麒麟の香炉

スポンサーサイト
りえさんの「処方」から広がったお話。

チャン・ビンが処方したものを「ウンスが飲んだら・・・」というお話を前にアップしました。
今回は「ヨンが飲んだらどうなる?」ってことでお話を書きました。
とりあえず前半が書けましたので、アップします。
読み切りじゃなくなったので、テーマを編集しています。
前の記事で更新通知が届いてしまったかもしれませんが、スルーでお願いします<(_ _)>

では、どうぞ~

ちなみに二人を話をしているのはここ。(夜の設定で)
SnapCrab_NoName_2017-3-30_4-32-52_No-00.png

***********
夜更け。
康安殿から戻ってきたヨンに、「御医が来られています」と部下が告げる。
「用向きは?」
兵舎の二階。椅子を勧めながらチェ・ヨンが尋ねると、チャン・ビンは携えてきた
手提げから細長い瓶と小さな杯を取り出して卓に置く。瓶の中身が杯に注がれると
独特な香りが立った。
チャン・ビンは、その杯をすっとヨンの前に差し出すと、ヨンと向い合せに座る。
杯を一瞥したヨンが目で尋ねる。
「薬です」
「薬?」
「近頃テジャンが腹や胸に手を当てて、痛みを抑えていらっしゃる。声をかけるのが
憚るほど深く悩んでおられて、夜もあまり眠れぬご様子だ。ウダルチが代わる代わる
典醫寺にやって来ては、そのようなことを申し立てますので薬を処方して参りました」
ヨンは、黙って階下を見下ろす。夜もかなり更けているというのに、さしたる用もな
くウロウロとしている者が何人かいた。視線を感じた部下たちが、ぎこちない動作で
慌てて四方へ散る。その様を見届けてから、チャン・ビンの方に向き直る。
「要らん」
薬で治るものではない。そのことは、己が一番よくわかっていた。用が済んだので
ヨンは席を立つが、チャン・ビンは座ったままで動く素振りがない。
「これは細心の注意を払い、手間をかけて処方したものです。薬の元となる材料は
手に入りにくく、また手に入ったとしてもごく僅かで、此の度は二杯分しかとれません
でした」
『何が言いたい?』
ヨンが胡乱な目で見下ろすと、チャン・ビンはその視線を受け止めて、
「そのうちの一杯を、先日医仙に処方致しました」
と告げる。ヨンはおもむろに卓に手をつき、チャン・ビンの顔を覗きこむ。
「どういうことだ?」
尋ねるヨンの声は震えていた。
「医仙もテジャンと同じ病でした。胸が騒ぎ、物思いがやめられず、食欲も失せて、
眠りも浅くなっておりましたが、幸いにも処方がよく効いたようです。」
チャン・ビンの言葉に、ヨンは緊張で詰めていた息を吐くと、姿勢を正す。
「それは重畳。ではこれも医仙に持っていけ」
「摂り過ぎれば毒になる。それが薬というものです。これは医仙にはもう用のない
ものですが、今のテジャンには必要かと」
「御医」
「テジャン」
ヨンとチャン・ビン。二人の睨み合いはさほど長く続かないのが常だった。どちらかが
一方の意を汲んで折れる。大概はチャン・ビンが折れるのだが、今回は面倒になった
ヨンが折れた。
ヨンはついと手を伸ばすと、立ったままで杯の中身を一気にあおる。
「酒ではないか」
「いいえ、薬です」
至って真顔でチャン・ビンは答える。喉ごしは悪くなかったが、飲んだあと鼻に抜ける
香りが独特で強かった。
帰るチャン・ビンを戸口まで送ろうとすると、「こちらで結構です」とチャン・ビンが階段の
前で辞退した。下りていくチャン・ビンをヨンが見送っていると、
「ああ、そうでした」
と、チャン・ビンが振り返る。
「・・・何だ?」
「あの薬、実によく効くのですが、妙な夢を見る作用がごく稀に出ると聞いております。
万に一つ、そのような夢をご覧になっても、あまり驚かれませんように」
「なぜ今言う?」
明らかに不機嫌な声でヨンが問う。
「申し訳ありませぬ。飲んだ者が必ずしもそうなるわけではない故、忘れておりました」

友はそう詫びたあと、帰っていった。
ヨンは、腕組みをしてしばらくその場に立ち尽くす。
詫びながらも、友がどこか愉快そうな表情を押し殺しているように見えたのは、持っている
手蜀の灯りが揺れたせいだろうか。

<つづく>
ウダルチ宿舎の二階。この造り、どうなっているんだったかしらん?とシンイファンの方々の
ブログをいろいろと訪問させて頂きました。
(h様、ありがとうございました♪)

あ、今回はまだヘンシーンしておりませんが・・・
jさん、正解ヨン(^O^)/
貴女はすごかった。
さすが、モノに命は宿る設定を書いておられる御方♪
シンイが日本のテレビで放送されたのが四年前の三月九日。
その日にちなんで「サンキューシンイ」と銘打って話を書こうとしたものの、私の下書き
ストックには暗いネタがオンパレード(笑)
(天音子ネタ、メヒネタ、王妃ネタなど、基本的に救いがあるような、ないようなもの)
お祝いごとなんだから明るいムードでいこうとネタ帳をひっくり返して見つけたのがこのネタでした。

タイトルで「あ!」と思われた方も多いでしょう。
去年りえさんが主催された七夕リレー小説のスタートとなったお話二つのうちの一つです。
(七夕リレー小説については七夕2016☆リブログでリレー小説 を参照ください)
「リブログさせてください」とりえさんに了解を頂いてから半年。
ようやくのお披露目です。
(りえさん、ありがとう♪)

ウンス編とヨン編の二つを考えていたんですが、ヨン編がまだ書けていない(^_^;)
とりあえず書き上げたウンス編を先にアップします。

【はじめに】
こちらのお話はまず りえさんの「処方」をお読みください。
(その続きを私が勝手に妄想して書いていますので)

りえさんの 「処方」

***********
「あんまり驚くなって、どういうことだろう?」
促されるままに布団に入ったウンスは呟く。
「それに、あちらも同じ病って・・・」
あちらというのはあの人のことだろうか。その人物を思い浮かべた途端胸はドクンと大きく打つ。
「また眠れないかもしれない」
その心配は不要だった。
目を閉じたウンスは、久しぶりにすとんと眠りの淵へ落ちていった。

気づくと、大きな石ばかりが広がる視界にウンスは立っていた。
『・・・これは・・・夢?』
遠くで何かが流れている音が聞こえる。視線を徐々に上に向けると巨大な樹木が生えている鬱蒼と
した緑の森が見えた。視線を動かすと、森の反対側にはとてつもなく幅の広い川が緩やかに流れていた。
先ほどから聞こえていたのは水の流れる音だったようだ。
と、足元の水溜まりで何かが動いた。
「?」
ふと覗き込む。水面に映っているのは、一匹の栗鼠(りす)だった。
おかしなことに、自分が動くと水面に映る栗鼠もびっくりした目でこちらを見つめながら動いた。
『ウソでしょ!?』
ウンスがのけぞると、栗鼠ものけぞる。頬に手を当てると、栗鼠も頬に手を当てていた。恐る恐る自分の
手や身体を見回す。開いた手は栗鼠のそれで、見下ろした足もやはり栗鼠の後ろ脚にそっくりだった。
何より、ふさふさした赤い毛が全身に生えていて(あら?腹の部分は白っぽいわ)、背後には身体と同じ
大きさはありそうな立派な尻尾があった。
「・・・驚くなっていうのは、こういうこと?」
あっけにとられてしばらく固まっていたウンスがようやく口を開く。
「・・・いや、驚くでしょ。これは」
栗鼠のほっぺを引っ張ると意外に伸びた。伸びきったところでつねってみると、そこそこ痛かった。
「嘘ーっ!!」
じわじわと足元からせり上がって震えが喉元に達したとき、夢なら今すぐ醒めろと言わんばかりに雄叫び
ようのな声が出た。
瞬間、傍にあった大きな岩の向こうから、黒い影が立ち昇ったかと思うと、見る見るうちに天を突くほど高く伸びた。
叫んで息を吐いたせいで声は出ない。かわりに、迫力に圧倒されてバタンと後ろに倒れた。

「キキッ!!」
小動物の鳴き声がすぐそばで聞こえた。
ヨンは、口元を腕抜きで軽く拭うと、ゆっくりと立ち上がって声がした方角を見た。
声の主はすぐに判明した。赤毛の栗鼠が一匹、川原の石の上にいた。
近くの岩陰にいた己に全く気付かなかったのだろう。こちらを見た途端に栗鼠は大仰にひっくり返った。
そのあられもない恰好に唖然とする。
しばらく見つめるが、栗鼠はその恰好のまま動かない。
手足は動かず、目は閉じたままだ。但し、ヒゲはひくひくと動いている。
「おい、死んだフリなど止せ。腹を出して寝転がっていると、空から丸見えだぞ」
興(きょう)が沸いて声をかけた。樹木の枝葉が届かぬ場所ではさぞ目立つだろう。空を見上げると、やはり
大きな鳥の影がゆっくりと旋回していた。
視線を戻すと、栗鼠はムクッと身体を起こしてのろのろと立ち上がった。
『この栗鼠・・・妙に人じみた仕草をする』
獣らしくない。こちらがじっと見ているのに、栗鼠は逃げ出そうともしない。そればかりか、ゆっくりとこちらに
やって来る。予想外の行動に、思わず身構える。栗鼠は、こちらの動揺などお構いなしに、己の傍らにある岩を
よじ登り、手を伸ばせば届くところまで近づいてきた。
腰丈ほどある大岩の上、栗鼠はじっとこちらを見る。
『・・・似ている』
真っ直ぐ見つめる瞳がそう思わせたのか。栗鼠の赤い毛色がそう思わせたのか。
そっと手を伸ばしてみる。栗鼠は逃げなかったが、触れる直前で躊躇した。
栗鼠は背をグンと伸ばすと、宙で留まった手に小さな前脚で触れてきた。栗鼠の頭をそっと撫でてみると、気持ちが
いいのか指の腹に頬をすりつけてきた。
撫でていると、妙な心地に囚われる。まるであの赤い髪に触れて撫でている。そんな感覚にすり替わる。
あの方は考え事が煮詰まると、決まって頭を抱えて騒ぐ。そのせいで髪が乱れるのだが、一向に気にする様子もない。
緩やかなうねりを帯びた毛先が揺れると、それだけで無性に触れたくなる。毛先が誘うように遊ぶせいだろうか。
触ってみたい衝動に駆られたことは数えきれない。一度でも触れて、撫でてしまえば、気は収まったのだろうか。
『・・・いや、違う』
こんなに柔らかく、滑らかで触り心地がいいと知っていたら、あの方を離さなかっただろう。
今こうしているように。

法螺の低い音が朝の澄んだ空気を震わせる。
その振動が耳に届くか届かないかで、ヨンは不意に眠りから覚めた。
目を開けて最初に飛び込んできたのは宿舎の見慣れた梁。
昨夜何度か寝返りを打ったあと、目を閉じたところまでは覚えていた。
そのあと眠ったようだ。
あれは、現(うつつ)ではなく、夢だった。
そのことを受け止めるまでにしばらく時が要った。
『余計に触れたくなった』
誰もいない部屋の中、漏れた落胆のため息が想外に大きく響き、ヨンは己の欲が形となって現れたことに
いくらか慌てた。

とんとん。
肩を叩かれる。
それから逃げるように寝返りを打つ。
とんとん。
知らんぷりする。
『いいとこなんだから邪魔しないで』
すると今度は、グラグラと身体を揺すぶられたので、ウンスは仕方なく目を開けた。
目の前にトギの顔があった。
「わっ!」
驚いたせいで目が完全に覚める。
<朝よ、朝。とっくに陽は昇ってる>
手振りでそう教えられて窓のほうを見る。陽は燦々と窓から入り、眩しいほど明るかった。
「あ・・・私、朝まで寝ちゃったのね」
ゆっくりと身体を起こしたウンスがそう呟くと、トギがヒラヒラと手を振る。
「ん?」
<よく眠れたみたい。いい夢みたでしょう?>
ウンスは顔が赤くなる。
<顔がニヤニヤしてた>
「・・・」
処方箋は効果抜群でぐっすり眠れた。いい夢まで見れるというおまけつきで。
頬に伝わるあの人の温もり、髪を撫でる手、じっと見つめる瞳。
「あ~っ!!」
思い出した途端ウンスは寝台の上で身もだえする。
「私、余計に眠れなくなるんじゃ?」

<終わり>

ヨン編では最初カナヘビで設定していたんですが・・・
気が変わって別のものにしました。
(つまり、ヨンがあるものに変身するファンタジーということですな)

問題です。
「さて、そのあるものとはなんでしょう?」
(ヒント 漢字だと二文字、ひらがなだと三文字ですヨン)

正解は、いつになるのかわからない「ヨン編」にて。