二次_画像でアテレコ

ここでは、「二次_画像でアテレコ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


※こちらの内容はアメブロの記事を転載したものです。

師匠2

「し、師匠、師匠!」
「なんだ、騒がしい」
「あのっ、おまつりが終わったら途端に何も書けなくなってしまって。
 ど、ど、どうしたらいいのでしょう(焦)?」
「お前・・・」
「は、はいっ」
「もう忘れたのか?言ったはずだ。『スラスラ書け~る』には副作用があると」
「・・・あっ!」
「そうだ。まつりが終わった途端脱力感に見舞われる。それが副作用なのだ。
(えっへん、我ながら抜群の効き目だ♪)」
「そうか・・・そうなのか。あ!あの、でもっ」
「(うるさいなぁ)まだ何かあるのか?」
「私と同じ薬を飲んだはずのKさんは、ちゃあんと更新されてますよっ。
 なんかおかしくないですか?」
「(手を止める)お前、何を調合した?」
「えっと、シカの角(粉末)に、霊芝(レイシ)、高麗人参。 あとは柿の葉、松の実、クコの実を
 入れてまーぜまぜ♪ てへっ」
「(なんだ?最後の「てへっ」は?まあいい)お前・・・大事なものが抜けておる」
「へ?」
「(壺を指さす)これだ」
「・・・あっ!」
「お前のは私が調合したゆえ、これが入っておる。そのお方にはこれが入っていない。
 それが答えだ」
「Kさんは、自力で間に合われたのですね・・・」
「そういうことになる」
「師匠、ではこの薬はいつになったら効力が切れるのですか?」
「知らん。しっしっ。もうあっちへ行け。私はナウリの薬湯の準備中なのだ。忙しい」
「師匠~(泣)」

さて、壺の中身はなんでしょう?(あの虫じゃないよ)
 ⇒コメ欄にその虫の名前を書くのはやめましょう(閲覧者が格段に減ります故)

**********
おまつりの際には「いいね」や「ぺた」、コメントを頂きましてありがとうございます。
楽しんで頂けましたら幸いです。

さて、ヨン周年ぐるっぽの板のなかに、
「画像でSS(ショートストーリー)を書こう」という企画がありまして。
ことのほか、これにハマりました(笑)
寝る間を惜しんで、いろんなものを投げうってこちらに没頭した結果、まつりのあとで
さまざまな雑事が波のように押し寄せてきました。
(ええ、そりゃもう当然のお話です)
それを何とか左に右に(テキトーに)流して、ようやく時間がとれました。

ぐるっぽで書いたSSを、提供頂いた画像とともに明日から毎日更新していく予定です。
但し、画像だけ頂いてまだSSが書けていないものも半分以上あって(汗)
こちらは追々書いていくつもりです。(期日を書いていないところがすでに怪しい)
書き上げましたらまず画像を頂いた方にメッセでお知らせさせて頂きますね。

りえさん主催によるおまつりは今回が最後。
しみじみしようとしていたら「2015の年越し」の続きをまだ書いている自分に愕然(今さら~)
で、気づけば今年もあと三か月。
いろいろがんばろうと思いました。

台風の襲来が気になりますね。
今日もよい一日を!
スポンサーサイト