二次_中秋節 月明かりの下で

ここでは、「二次_中秋節 月明かりの下で」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「その夜、私は全力で駆けました」

 馬に乗ることも、武術を学ぶことも禁じられて育った。それは、十五歳年上の兄のせい
だった。兄は自分が生まれた年に父から譲位されて王になった。そのため、兄とはほとん
ど顔を合わせることがなく、自分にとって遠い存在だった。
 だが、兄が自分に及ぼす影響は大きかった。兄が幼い頃にたしなんだ乗馬や弓は、母や
周囲の大人たちから、ことごとく反対された。王室の男子であれば普通にたしなむもので、
現に同じ年頃の王室の男子は乗馬も弓も習っていた。なぜ自分だけ学ぶことを禁じられた
のか、幼い頃は理由がわからなかった。
 あるとき、庭でお付きの者と鬼ごっこをして、走り回って歓声を上げていたら、母が出
てきて、ひどく険相な顔で怒った。駆け回って衣服を乱すことは、野卑で下品な振る舞い
だと叱られた。そのときの母の嫌悪に満ちた表情は今でも憶えている。
 反対に、優雅に手を動かすことは手放しで奨励された。それで、幼い頃から絵や書画、
楽器に親しむ日々を送った。
『自分が描いた絵や書画を母に褒めて欲しい、自分が奏でる音で母を楽しませたい』
 そんな気持ちで取り組むうちに、絵も書画も段々と面白くなって上達したが、薦めた当
の母は、通り一遍の褒め言葉を口にするだけで自分の絵をろくに見もしなかった。
 そうして成長するうち、王の悪行が自分の耳にも届くようになった。そのとき初めて、
自分がさまざまなことを禁じられた理由が判った。
『チョナと父母を同じくする方だけに、その御血筋は争えない。ギ(祺:恭愍王の名)様
が王にお成りあそばして、万に一つチョナのような振る舞いをなさったとしても、絵や楽
器のみをたしなんで来られた方であれば、その御力も知れておろう。チョナよりは格段に
御しやすいというものだ』
 兄のように馬で街中の若い娘をさらわぬよう、兄のように弓で面白半分に人を射る
ことのないよう、王宮内を狩り場に見立てて、獲物となった若い娘を走り回って追い
かけぬよう。周りの大人たちのそんな思惑に驚愕し、同時に猛烈な怒りがこみ上げた。
 けれど、その憤りと苛立ちは誰にもぶつけることなく、一人胸の内に抑え込んだ。
『自分は兄とは違う』
 そのことを明らかにしてみせるため、それ以後は馬も弓も、思い切り走ることさえ、己
に禁じて生きた。
 そうやって生きてきたはずなのに、とっさのこととはいえ、少女の手を引きながら全力
で駆けたのだ。それは、束の間のことで大した距離ではなかった。それでも力いっぱい月
明かりの下を、笑いながら駆け抜けた。

「その時の自分は、悪名高き忠恵王の弟でもなく、江陵大君でもなく、ただの少年でした」

 救い出した少女は高貴だった。見知らぬ者に名や家を明かすことを良しとせず、「それな
らばいっそ殺せ」と自分に言った。助かったと安堵して泣きじゃくるのかと思っていた自
分の予測が見事に外れて笑ったことを覚えている。
 その後、通りをいくつか歩いて、知らぬ内に少女が家に帰れるように計らった。しばら
く歩いていると、少女を捜していた家の者たちが駆けつけてきて、彼女を取り囲んだ。役
目はそこで終わったため、通りを行き交う人の波に紛れた。当時自分もまた、簡単には名
を明かせぬ存在だった。

 話を始めてすぐに王妃が顔を上げたのは気配でわかったが、王は語り終えても庭から視
線を戻すことが出来ずにいた。夜店で兎を見たこと、その兎と同じように、王妃が自分の
差し出した餅を食べてくれたことが嬉しくて、それで先ほどあんなことを言ったのだと。
それだけを言うつもりで口を開いたが、思い出しながら語るうちに、母や兄のことまで語
っていた。
 風に時折揺れる灯りの下ではなく、明るい陽射しの下でもなく、月明かりの下で心の内
をさらけ出したのは、いつもと違う世界がそこに広がっているせいだろうか。それとも、
あのときの少女の面差しがどことなく王妃に似ているからだろうか。
「テビ(大妃)に、今も目通りできないのは、あなたのせいではない。私のせいです。オ
モニは、兄と同じ血を引く私が心底怖いのです」
 そのことを口に出来たのは、こうして隣に王妃がいてくれるからだった。どんなことが
あっても、私の傍を決して離れることはないと言ってくれた。その言葉に支えられて初め
て自分が一人ではないことを知り、強くなれた。
 王は少し身構えて王妃と目を合わせる。自分の告白をどう思っただろうか。自分はちゃ
んと話せただろうか。もしかしたら、オモニが会ってくれない本当の理由をどうしてもっ
と早く教えてくれなかったのだと怒っているのだろうか。

 王妃はまばたきもせず、王の視線を受け止める。自分からも告白することがあった。伝
えたい言葉がたくさんあった。それなのに、却って力を込めて歯を喰いしばっていた。
 口を開けば、きっとその瞬間に涙があふれてしまうだろう。こみ上げてくる気持ちに自
分が溺れて、何も話せなくなってしまう。そうではなく、自分の気持ちをありのままに、
全て王に伝えたかった。
『チョナが待っていらっしゃるのに・・・』
 不甲斐ない自分が情けなく、それで余計に涙がこみ上げて、やがてその涙が静かに頬を
伝い始める。王は王妃の涙を見て、ポツリと言葉を漏らす。
「ワンビ・・・すまない」
 その言葉に、王妃は強くかぶりを振る。
「いいえ、いいえ!」
 あなたのせいではないのに、どうして謝るのか。あなたは何も悪くない。悪くないのに、
なぜあなたが謝るのか。そんな言葉の代わりに、涙が滔々と堰を切って溢れ出す。
 王が立ち上がって、自分の傍に歩み寄ってきた。脚にうまく力が入らず、座ったまま
王の上衣を両手で掴んですがりつく。触れたらもうだめだった。安心したせいで余計
に泣けてきて、涙に溺れる。

 自分にしがみついて泣きじゃくる王妃を、王はやさしく抱きしめる。泣き声を聞きつけ
て、チェ尚宮とアン・ドチが心配そうな顔つきで駆け寄ってきた。王は二人を手で制して
下がらせる。しばらくして、くぐもった声が耳に届く。
「ずっと・・・お傍に・・・」
 王は、王妃の背中を優しくとんとんと叩く。
「ワンビ、私の手を離さないでくれ」
 しばらくしてから口を開いた王のその言葉に、王妃は王の上衣をより一層強く掴んで
泣いた。

 「いつか、お伝えしたいことがあります」
泣き止んだらそう言おう。いつの日か、あの夜のことを私もチョナに聞いて頂きたい。

『観音様、仏様、天の神様。どうか、私をチョナのお傍に居させて下さい。
ずっとずっとチョナのお傍に居させて下さいませ。どうか、どうか・・・』

<終わり>
SnapCrab_NoName_2015-9-27_1-44-35_No-00.png


「そういえば、魯国公主はあの少女が自分だったと恭愍王に話したのかな?」
そんな疑問からふくらんだお話だったのですが・・・自分だったと明かさないまま
お話が終わっちゃいました。

書いてるうちに展開が変わってきてしまい、思ったより時間がかかりました。
待ってて下さった皆様、ありがとうございました♪

スポンサーサイト
前後篇のはずが・・・後篇はまた後日。

*********************************
 王は自分がつぶやいた言葉で、王妃の顔がみるみる強張っていくのを見て慌てた。
「しまった!」。心の中でそう思っても口に出した言葉は取り返しがつかない。王妃は
顔を伏せてしまい、こちらを見てもくれない。
 先ほどから月を眺めていて、それで思い出した事柄と目の前の王妃の姿が結びついて
口から出た言葉だった。王妃は恐ら私の言動を誤解したのだ。無理もない。自分の言葉が
唐突過ぎたことを王は反省する。
『兎のようだと言った理由をどう述べたらよいのか・・・』
 王は少し考えたあと、ありのままを語ることにする。
「このような満月の日に、兎を見ました」
 柔らかい黄色みを帯びた月の光に力をもらい、王が語り始めると、王妃はピクリとする。
顔は上げないが、自分の話に耳を傾けてくれるようだ。月明かりに照らし出された庭に目
をやりながら王は語り始める。

「このような満月の日に、兎を見ました」
 それは元国に来てから二度目に迎えた中秋節の夜のことだった。当時の自分のことを、
人は江陵大君(カンヌンテグン)と呼んでいた。人質として元国に来て一年ほど経ち、言
葉もほぼ理解できるようになっていたが、高麗王室の者だという自負から、決して元国の
言葉を口にしなかった。
 高麗を骨抜きにしようとする元国に媚びへつらうことはしない。ただ、自分が帰国した
際には、元国で知り得た知識を存分に使って高麗を盛り立てていく。そんな気負いで日々
を過ごしていた頃のことだ。
 中秋節の夜。見聞を広めるという大義名分で、街を歩いていた。供をあまりつけていな
いからと気を揉むトチを尻目に、賑わいに惹かれて通りの夜店をあれこれと見ていた中で、
兎を売る店があった。愛玩が目的らしく、籠も細工が入った見目のよいもので、数羽ほど
いる兎は白や茶色の毛並で、どれも手の平に乗るほど小さかった。
 何となく惹かれてその場に佇んでいると、店の主人が草を一本手渡してくれた。それを
白い兎の前に差し出すと、小さな鼻をひくひくさせてから、前歯を使ってもぐもぐと口を
動かし、上手に草を食べた。
『買い求めようか』
 そんな気持ちになって、後ろに控えているトチに声をかけようとしたとき、目の端にふ
と留まるものがあった。
 それは自分と同じ年頃の少女だった。薄紅色の晴れ着から、その少女が身分の高い家の
子であることは一目でわかった。供の者が傍にいないことを不審に思ったが、少女が不安
げにきょろきょろと辺りを見回しているのを見て、はぐれたことがわかる。
 それで、声をかけようとしたそのとき、突然少女が通りの暗がりへと引きずられる様子
が目に飛び込む。何が起こったのかようやく理解して、慌ててそちらに駆けだす。トチが
何か言ったが、振り向きもせず少女が消えた場所へと向かった。その場に近づくと、足音
を殺してゆっくりと歩を進める。暗がりにはカマ(駕籠)が一つ置いてあり、その近くで
男が二人、早口でまくし立てていた。
 「金持ちの家」、「金になる」、声を殺すようにはしていても興奮して、我知らず声が大き
くなる。男たちは先ほどの少女を拐して金を手に入れようとしていた。では、あのカマの
中に先ほどの少女がいるのか・・・
 考えていると、ほどなく男たちがカマの前と後ろに立ち、移動を始めた。自分一人では
どうすることも出来ず、さりとて見過ごすわけにもいかず、そのまま後を追いかける。し
ばらくしてトチが自分を見つけてくれたので、二人でカマを追跡する。
 役人がいたら声をかけて手助けしてもらう、もしくは人の多い場所で声を張り上げて助
けを求めよう。武術を知らぬ己に出来るのはそれぐらいしかない。それで、人の多い通り
に出たときに「おい!」とカマの男たちに声をかけた。
 振り返った男たちは、声をかけてきたのが見知らぬ少年だったので胡乱げな目で見返す。
「カマの中に入っているものを見せろ」
 勇気をふりしぼって、自分なりに凄みを利かせた声を出す。男たちがシラを切るかと思
ったが、後ろにいた男が小心者だったようで、慌ててカマを出そうとする。前にいた男が
その拍子に押し出される格好で前に数歩出た途端、通りがかった別のカマとぶつかった。
 ぶつかられたカマには四人の持ち手がいて、こちらの二人よりも体格が良く、柄が悪か
った。すぐに言い争いに発展し、揉めだしたので「今が好機!」とカマに手を伸ばす。思
った通りカマの中には少女がいて、助け出すとすぐにその場を離れた。
 手を握って「行こう」と高麗語で声をかけた。少女が不安げな面持ちでこちらを見てい
るので、怪しい者ではないと安心させるために笑みを浮かべた。
『大丈夫、私は怪しい者ではない。そなたを助けたいだけだ』
 そんな自分の気持ちが伝わったのか、少女が手を握り返してくれた。

 信じてくれたことが嬉しくて、気持ちが通じたことが嬉しくて、少女の手を握ってそのまま
月明かりの中を駆けだした。

<続く>

ちなみにカマはこんな感じの乗り物です。
画像は王室用のカマ(駕籠)なので、装飾のないバージョンで想像して下さいナ。
SnapCrab_NoName_2015-9-28_4-18-49_No-00.png

今日は十五夜。
中国は中秋節、韓国は秋夕(チュソク)ですね。

ということで・・・チュソクネタを一つ書いてみました。
後篇は二、三日以内にアップできると思います(多分)

こっちを書いちゃったので毎週月曜更新のムカデにまつわるお話は
ちょっと遅れそうです。(アップは来週の月曜かなぁ・・・)

ヨンとウンスではなく、今回は王と王妃のお話で。
あの時の女性がワンビだったことを知っていたことを告白して、
二人の距離が縮まった頃のお話という設定です。
**************************
SnapCrab_NoName_2015-9-27_1-44-35_No-00.png

 初めて迎えた高麗での中秋節。

 その日、王妃は王とともに朝早くから宮中の祭事に追われた。ようやく一息ついた
ころにはもう陽が落ちて、満月がその姿を東の空に見せていた。事前にチェ尚宮から祭事
についての様々なしきたりを教えてもらってから臨んだ祭事だった。
『元国から来た姫様ゆえ、高麗のしきたりなどご存じないのだ』
 臨席した者たちから、そんな風に思われて軽んじられるのは我慢ならなかった。自分を
ワンビ(王妃)として迎えたチョナのために、失敗は許されなかった。そんな風に気を張
って臨んだ祭事だった。
 それ故、滞りなく祭事を済ませた後は緊張の糸が切れてしまい、祭事の装いのまま椅子
に座りこむと、「ふうう」と長いため息を漏らす。祭事に次ぐ祭事で、朝からチョナとは一
言も言葉を交わさないままだった。それでも宮中を歩いて次の祭事の場所へと移動する際
には、微笑みを下さったり、祭事の手順にまごつく自分を温かい目で見守って下さったり
して気遣ってくださるのを感じるたびに、幸せな心地で過ごせた一日だった。
「ワンビママ、宜しいでしょうか?」
 チェ尚宮の言葉に、ハッと我に返る。
「何用か?」
 チェ尚宮が部屋に入ってくる。
「ママ、お召し替えを持って参りました」
 正装用の刺繍が施された重い服をようやっと脱げる。結い上げられた髪もようやく解く
ことができる。ワンビは安堵の息を漏らして、ゆっくりと立ちあがったが、チェ尚宮が持
ってきた着替えに怪訝な顔をして見せる。
 着替えの服は、ワンビが目にしたことのない、薄紅色のものだった。
「これは?」
 聞いた途端にチェ尚宮が顔を上げてパアッと明るい顔になる。
「チョナからの贈り物にございます。こちらにお召し替えをなさってください。ともに今
宵の満月を愛でようとのお誘いにございます」
「・・・チェ尚宮」
「はい」
「早う、支度を」
「はい、お任せ下さい!」
 疲れなどどこかに飛んで行ってしまった。嬉しさばかりがじわじわと身体を駆け巡る。
チェ尚宮は侍女たちに手早く指示をして、ワンビの髪を一旦下ろしてほぐし、今度は緩や
かに形よく結い上げる。そうしながら服も着替えさせて・・・殊の外早く支度ができあが
った。

 王が待っていたのは康安殿の庭だった。庭の一角に四阿(あずまや)があり、そこに
卓と椅子が用意されていた。卓の上には中秋節の馳走と酒の用意も整えられている。王
も正装用の服から、幾分か楽な服に着替えていた。
 月を見ながらしばらく待っていると、坤成殿から王妃がやってきた。自分が贈った薄紅
色の服を身にまとった王妃は月の光に照らされて、月の御使いかと思うほど美しかった。
しばらく見とれていた王だが、小さく咳払いすると王妃に座るよう促す。
 王妃を案内してきたチェ尚宮が後ろに下がる。チェ尚宮はアン・ドチと同じ位置まで
下がったあと、今度はアン・ドチや王を警護するウダルチらに身振り手振りで「もっと
後ろに下がれ!」と無言で命じる。
 二人きりになり・・・しばし無言の状態が続く。王がようやっと口を開く。
「寒くありませんか?」
「はい」
 月明かりの下でよくわからなかったが、王妃の顔は上気してほんのり赤くなっていた。
「いい月だ」
「ええ」
 王妃は月を眺める王を見つめていた。こうして二人きりで月を眺めることが夢のようで、
ふわふわと雲の上を歩く心地だった。
「月明かりに照らされた庭がまた美しい」
「ええ、本当に」
 ようやく王妃も庭に目をやる。月光に照らし出された庭は、いつもと全く違うさまを
見せる。二人でしばらく無言のまま月を眺めていたのだが、小さな物音がしたと思った
ら、それに重ねるようにもう少し大きい音が耳に入ってきた。
 王が王妃のほうを見ると、王妃は消え入りそうに身を縮めて恥ずかしそうに俯いていた。
朝から祭事のものを少し口にしただけで、二人ともろくに食べていなかった。腹の虫が
先に鳴ったのは王妃だが、自分の腹の虫もそれに応えるように大きく鳴ったのだった。
 王は箸をとって、数ある皿の中から目当てのものをつまみ上げる。そうしてうつむいて
いる王妃に話しかける。
「元では、中秋節に月餅(げっぺい)を食べる習慣がありましたね。高麗では、ソンピョン
(松餅)を必ず食べるのです。松の葉の香りがする餅です。さあ、一つ召し上がってみて
ください」
 その言葉に王妃が顔をあげると、なんと王が手ずからその餅をとって、王妃に箸を向
けてくれているではないか。迷ったのは束の間で、王妃は「えい」とばかりに勇気をふり
絞って「あーん」と口を開ける。
 二人は今まで一緒に食事を摂ったことがない。ヨンギョン(燕京:今の北京)からケギ
ョンへの旅路でも、二人は別々の部屋で食事を摂り、それは王宮に到着してからも、仲睦
まじく過ごすようになってからも変わることがなかった。打ち解けてはいても、意中の相
手の前で物を食べるという行為はなかなかに勇気の要ること。
 今までそんな機会もなかったのだが、今まさに好機だと王が勇気を出して箸でつまみ、
その勇気に応える形で王妃も口を開けたのだった。
 ところで、王は王妃が空腹だろうからと、良かれと思い大きめのソンピョンを選んで
いた。王妃はそれを何とか口に納めたものの、あまりモグモグと口を動かすのは行儀が悪
いし、見た目にもよくないと思っていた。
 王妃は、口の中の餅を味わうどころではなかった。前歯だけでモゴモゴと噛んで、それ
なりに行儀良く食べられたと思っていた王妃に王がポツリと呟く。
「兎(うさぎ)のようだ」
 その一言で、王妃はいっぺんに奈落の底に突き落とされる。

<続く>

ちなみにソンピョンってこんな感じです。
中に入っているのはゴマをすりつぶしたものとお砂糖をまぜた餡だそうです。
ソンビョン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。