[韓ド]エンジョイライフ

ここでは、「[韓ド]エンジョイライフ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  



第73回
ジンスはイェジュにキム先生と別れるように言いますが・・・彼は本気じゃない、条件だけ見てる奴
なんだと非難しますが、その理由を説明はしないまま。
ジンスだって一度はイェジュに嘘をついてたこともあってイェジュは簡単にその話を信じてはくれず、
改名したことをジンスがバラしても前にギウクから理由を聞いてるからイェジュはかえってジンスを
非難するような目つきで去っていきます。

あとでギウク(ヒョンジュ)に会ったイェジュはやっぱ丸めこまれちゃって・・・あ~あ。

インシクは家族に対してかなり寛大に接するようになり、ミンスのことも嫁として認めてくれるような
態度をとるようになります。
こんなときにギウクの出現はやっぱマズイよなぁ(しかし運命の再会までかなり引っぱるなぁ)

チャンスは再就職のいい話があっても横領の件でダメになったりしてて・・・絶望的。

ギョンスはオンマからギウク=キム・ヒョンジュだと聞いて慌ててミンスに連絡しようとしますが、
オンマがそれを止めます。
だけど急いで知らせないと一緒に住んでるイェジュがギウクと結婚の話を進めているのにと焦る娘の
説明でオンマもギウクがミンスへの復讐のためにそこまでしていると知って動遥。

ジンスはギウクに会ってイェジュに正体をバラされたくなければ手を引けと警告しますが、そんなこと
したら院長にミンスとのことをバラすと脅されて・・・手が出ないジンス。

こうなったらもう一度イェジュを説得しようと強引に彼女を連れ出そうとしますがそれをミンスに
見られてしまい・・・
------------
第74回
ミンスに連れていかれたジンスはイェジュがやっとあなたを忘れたところなんだからそっとしておいて
あげてと言います。
何も知らない姉に真実を告げることは出来ず、手を引くしかないジンスで・・・

オンニに知らせて心の準備をさせないといけないと主張するギョンスと、知らせても解決なんかでき
ないから伏せておいて私たちで解決しようというミンス母。

イェジュとジンスは結局二人で話をしてて。
伯父さまに言われてあんなことしたのねとわざと自分の前で他のオンナといたことを話すイェジュ。
君が苦しむのを見てるのが辛くて・・・ああすれば他の男に目がいくと思ったと芝居だったことを白状
したジンス。
自分がイェジュさんに望むことはひとつ、幸せになって欲しいというジンスに・・・自分のことをもう
諦めてる心境の口ぶりに泣けてくるイェジュ。

ギウクが7年つきあった女性にひどい目にあったっていうのはウソだ、僕のよく知ってる人で彼が彼女
に何をしたのかずっとそばで見ていたから・・・僕の話を信じてくれというジンス。
イェジュはその話を信用するには直接本人に会いたいといいますが・・・それはムリだと答えます。
(世間知らずなイェジュはミンスとは結びつかないのかな?)
だけど僕の言ったことが真実なんだ信用して欲しいと懇願するジンス。

チャンスが横領のせいで左遷され、そのことで会社を退職したことがついにギョンスにばれちゃった。

イェジュはギウクと家族を合わせる当日になって結婚の話を延ばしたいと伯母に言い出しますが、
今ごろ言っても主人が許さないわよと心配するオクボン。

ミンス両親はギウクに会いに行き最後の説得をしますがそれを一蹴したギウクはレストランヘ。
オンマからミンスに連絡が入り、イェジュの婚約者と会っちゃダメ!というオンマ。
あの男は名前を変えていたのよと説明するオンマですが、そのとき既にギウクがミンスの前に立って
いて・・・
スポンサーサイト
第71回
ギウクはミンス両親に呼び出されビクビクしながら会います。

院長との間柄を聞かれるぐらいだからまだ何もつかんでいないとわかったギウクは安心しますが、
ミンス両親から君が娘にしたことは許せないけど、だからといって妹弟が復讐したことはすまないと
思っていると謝罪されちゃって・・・戸惑います。
自分たちのせいで夢だった検事を諦めることになったのを申し訳なく思うけど、娘のために院長には
あなたとのことを話さないで欲しいと頼まれたギウクは・・・口外しないと約束を。

だけど店を出たあとでオレの夢を壊した代償があんな謝罪だけで済むと思うなよ!とふてぶてしく
笑ってて・・・

だけどギウクはドジを踏んじゃったんだよね~
気を利かせて支払いを済ませていたんだけど、両親がレジ係の人からキム弁護士が支払ったと聞いて
「あの人が弁護士?」と驚きます。
で、近所にあるイルシン事務所の弁護士だと顔見知りの店の人が教えちゃって・・・ジンスが働いてた
事務所じゃないかと驚くミンス母!

インシクがあんまり怒りっぽくなくなったユジンの家は平和そのもの。
ジョムスンが失言しても怒りを静めて・・・毎日が修行の日々みたいだとボヤきながらもなんとか
冷静さを保つように心がけているインシク君。

ギウクは復讐を急ごうとイェジュにプロポーズ。
これからは何が起きても信じてくださいってイェジュに言ってるぐらいだから彼女のことをちょっとは
愛してるのかな?・・・いや、違うな(笑)

家族でボウリングに出かけ、家族で一緒に遊んでみんなで楽しむのはすごく嬉しいとオクボン。
婚姻届のことも前向きに考えているみたいで・・・こんなときに騒動は困るよ~

ミンス母はジンスに確認するけどギウクの顔を知らないし、働いてる弁護士はたくさんいたからと
答えます。
オンマに言われてもう一度確認してみたけどやっぱ事務所にそんな人はいないと言われたジンス。
それでもやっぱりミンス母の不安は消えず。

ユジンは子供のためにオモチャの車を買おうとしてて、さすがにそれは早すぎると笑うミンス。
で、お腹の子供に声を聞かせる機械を購入。

ミンス両親とジンスはイルシン事務所のHPで確認し、キム・ヒョンジュがキム・ギウクだということ
にやっと気づいた!
--------
第72回
両親は単にギウクが名前を変えただけかと思ってるだけど、ジンスのことを知ってたんじゃ?と推理。
ジンスはジンスで自分が調査を依頼したのが当の本人だったことに衝撃だし、彼がイェジュとの結婚
を進めていることも知ってるからかなり動遥しまくり急いで出かけます。

ジンスはギウクに会って自分たちを恨むのはお門違いだと自分の姉にした仕打ちを怒ります。
イェジュに近づいたのは姉への復讐じゃないのかと聞くジンスに、そうなのかな?ととぼけるギウク。
復讐なら告発したオレにしろよ!とイェジュと姉に近づくなと警告したジンス。

ギウクは自分の正体がバラされるのではないかと心配したけど・・・自分の姉の過去の話をそう簡単
にするはずがないと思い直してニヤついてて。

赤ちゃんに声を聞かせる機械でインシクの声にだけ反応したのでインシクは有頂天(笑)
あとで父の言葉にだけ反応するなんてトダム(お腹の子供の仮名)はなんていい子だと褒める親ばかな
ユジン。

ミンスに復讐するために改名したんじゃないかと心配するミンス母ですが、口外しないって約束した
から大丈夫だろとなだめるミンス父。
帰ってきたジンスは自分のせいだと一番に謝ります。
ギウクの改名がミンスへの復讐のためだと知った家族は安定期にやっと入ったミンスの幸せのために
慎重にことを片付けようと約束を。

チャンスは会社を結局辞めちゃったんだけどギョンスにそのことをいえないままで。
だけど再就職のアテがあったらしく、浮かれるチャンス。

ボングとオンマとのことを認めてあげたいオジンだけどいくらなんでも結婚が4回目になるのでさすが
にすぐには賛成できない賢い少年(笑)
だけどジョムスンが50歳になると聞くと・・・その気持ちにも迷いが生じてて悩み深い少年で。

悩んだジンスはイェジュに会いに行き、話があると切り出します。
第69回
インシクはオクボンが帰ろうとするのを自分が引き止めたとミンスが言うのでカンカンになって怒り
ますが、ミンスは家族のために変わってくれとインシクに頼みます。
自分が一番愛する人の父親であり、生まれてくる子の祖父であり、私の親なのに接するたびに怯えたり
オドオドするのは悲しすぎます、他人より近寄りがたいなんて家族じゃありませんと家族の気持ちを
訴えますが・・・インシクの態度が変わらないように見えたミンスは悲しくて泣けてしまいます。

オクボンは医者の許可をもらって退院することにしますが、病室へインシクが迎えにきてくれて!

オクボンを食堂へ連れていってくれたインシクは自分の弟が事故で亡くなる前日におごってくれた
豚肉クッパをオクボンにも食べさせようとします。
兄貴の学費はオレが稼ぐから体力をつけてくれとご飯をおごってくれた弟が翌日亡くなってしまい、
優しくすることもされることも出来なくなったとオクボンにだけ気持ちを語るインシク。

二人がデートに行ったとあとでボングから聞いた家族は大喜びで。
劇的に変わることはないだろうけど、それでも前よりは絶対オクボンを気遣ってくれるはずだとミンス
たちは嬉しいんだよね~

ジンスの就職祝いに両親はスーツをプレゼントして新しい門出を祝います。
イェジュはジンスを忘れられずに苦しみ、それならいっそキム先生と結婚したほうがいいと思って
しまったのかな?
ユジンにそんなことを話してましたが、いまだに二人がお互いを好きだってことはユジンにもわかって
いて。
ミンスは相手のキム先生がイェジュを包み込んでくれる人ならいいのにと呑気なことを言ってますが
相手はあのギウクなんだからね~!!

チャンスは自分のことについて周囲の人がいろいろ聞かれてるのでスカウトされるんじゃないかと
勘違いしてるみたいだけど・・・なんか違う感じがするなぁ(笑)

ギウクは院長に結婚を後押ししてもらうために会いにいくんだけど、二人が仲良く出かけてる様子を
ミンス母が目撃して!
----------
第70回
ユジンにお金を少しだけど返すためにミンス母はユジンのところへ。
ミンス母はさっきあなたのお父さんと出て行った人は誰?と尋ねるけどユジンも誰と出かけたのかは
知らなかったので答えられず。(父に電話しようとしたのを慌てて止めるミンス母)

ギウクはイェジュと結婚したいと院長に言い、自分が検事になれなかったのは7年付き合った女性が
自分を陥れる噂を流したからだと自分を弁護する嘘をつきます。
それにすっかり騙されちゃってるインシク。
家に帰ったインシクはみんなにイェジュの結婚をすすめることにしたといい、イェジュも反対せず。

ミンス母はギウクがミンスの近くをウロついてるのがめっちゃ不安。
インシクとどういう関係なのかもわからず、心配しまくりで。

オクボンが退院してからインシクは前よりはかなり優しくオクボンに接するようになってイチャイチャ
してるとも見えるような行動をとって、それをそっとみたミンスは嬉そう。
その話を聞いたユジンは両親に負けてられないと二人の思い出の曲をかけて幸せな気分に浸ってて。
(もうすぐ嵐が吹き荒れる予感がするなぁ)

チャンスってば・・・周囲には自分がスカウトされると浮かれまくってたけど、やっぱあれは警察の
捜査で、横領して穴埋めしたことがバレたから左遷されちゃった。

娘のミンスと一緒に定期検診に行ったミンス母は、少し前まで娘がストレスを受けたせいで胎児が
大きくなれなかったと聞いて、とてもじゃないけどギウクのことは聞けず。

ジンスがはいった出版社の顧客にはインシクの病院もあって・・・縁がなかなか切れないジンス(笑)

ミンス母はギウクの車にあった電話番号に連絡してギウクと会うことにし、ミンス父も同席して・・・
第67回
病院でバッタリ出会ってしまったミンス母とギウク。
ミンス母が自分をクズ男となじるもんだから冷静に対処するはずだったギウクもカチンときて、娘さん
に自分の夢を壊されたのにそっちは玉の輿に乗ってるじゃないかとつっかかります。
ミンスがギウクに何をしたんだ?と詰め寄るミンス母だけど、伯母のところに見舞いにいったイェジュ
がミンスを連れて下におりてくるとメールで連絡があったので慌てて逃げるギウク。

病室まで行かなかったのもミンスに会わないためだったからここで会ったら甲斐がないとさっさと
行っちゃったギウクに不安を覚えたミンス母は家に帰ってそのことを家族に話し、ギョンスとジンスは
二人でギウクのことをサイトに投稿し、そのせいで彼が検事になれなかったと白状します。
そんなことしたらあいつと同じことじゃないかと両親に叱られる二人ですが、なんでユジンの家族の
周りをうろついてるのか不審に思うギョンスたち。
海外に行ったはずなのにウロチョロしてるってことはユジンに近い人物なのかもしれないと思い始めた
けど・・・ギウクに先手を打てるかな?

ギウクはミンス母に会ったことで不安を感じ、イェジュに結婚の日を急ごうと言います。
だけどイェジュはジンスをそう簡単には忘れられない様子。

最初はずーっと怒ってご飯も食べなかったインシクですが、オクボンの不在に不便を感じて彼女が自分
にどれだけ尽くしてくれていたのかやっとわかった様子。
で、ユジンにオクボンの病状を聞きます。
このままじゃ心臓病やうつ病になるとユジンに説明され、自分のせいか?と静かに聞くインシクに、
母さんを愛してないわけじゃないけど成功しようと一生懸命になりすぎてがむしゃらに走ってきたから
ちょっと振り返ってみてというユジン。
オンマをずっとアボジのことを心配してる、オンマが望むことを考えてみてと静かに言うユジンに
考え込むインシク。

チャンスはボーナスが出るのでギョンスに毛皮を買ってあげようとしますが、そこに警察から電話が
はいってきて・・・
----------
第68回
警察に行ってみるとそこには自分と同じようにジスクに詐欺の被害にあった男が待ってて、一緒に彼女
を告発しようと警察に事情を話そうとします。
ギョンスはそれに大賛成なんだけど、詐欺なんてされてないと慌てて席を立つチャンス。
捜査が始まれば自分が横領したことが会社にバレるからと説明すると、そうだった!とギョンスも
慌て、二人でそそくさと警察を出ます。

いつまでたっても病院に迎えにこない意地っ張りなインシクに、オクボンは弱気になっちゃって家に
帰ると言い出して困り果てるユジンとミンス。
今帰ったら何も状況は変わらないと説明して説き伏せ、ユジンはミンスの話にヒントをもらって二人の
馴れ初めをインシクからうまいこと聞き出します。

インシクは大学2年のときにお金持ちのお嬢さんだった高校生のオクボンの家庭教師をしてて知り
合ったけど、当然ながら交際は反対されて。
お金がないと人間扱いされないと悟ったインシクはそれから働いてお金を得たのに、三年後オクボンの
家は父が不渡りを出して倒れてあっという間に落ちぶれ、境遇が反対になった二人。
インシクは自分を訪ねてきて、病気だった父を入院させてくれて最期まで看取ってくれたと同じよう
にミンスに昔を語るオクボン。
世間に見捨てられたときに自分はあの人に助けられた、あの人が変わらなくてもずっとそばにいると
自分から折れて帰ろうとするオクボンを引き止めるのに必死なミンス。

そこにインシクから電話がかかってきて・・・帰って来いと一方的なインシクは相変わらず(笑)
だけどミンスのアドバイスで「帰らない」というオクボンにキレたインシクは、明日帰ってこないと
妻の座はないと思え!と怒鳴っちゃって、オロオロするオクボン。

こうなったら二人でお義父様を説得しようとユジンとミンスはインシクのところに行き・・・
第65回
ジスクから何もなかったと聞いたギョンスはちょっと安堵なんだけど、彼女からあなたにも非がない
わけじゃないわよとキツイこと言われちゃって落ち込むギョンス。
(詐欺してるのに警察に突き出すといわれてもへっちゃらな図太い女ジスク)
家に帰ったギョンスはチャンスがなにやらイベントを用意してて、これでやっと二人は仲直り。

ジョムスンはオジンがなかなかボングとの結婚を認めてくれなくて困ってて・・・
まあそうは言いつつもそのうち許してくれるだろうけどね。
だってボングは一度も結婚してないチョンガーだからこの家で一番かわいそうだと口にしたオジン。
「誰かさんは3度も結婚したのに・・・」
と言ってて・・・え!ジョムスンってそんな経歴があったんだ(笑)

インシクはオクボンがいなくてもへっちゃらそうなので焦る家族。
それでジョムスンが指をベロベロ舐めたあとでインシクの魚の骨を取ってあげたり、ミンスがインシク
の服をタンスからわざと出すのを失敗したりしてオクボンのありがたみをわからせようとします。
ボングがエビのアレルギーがあるのにわざとエビが入ったお粥を買ってきて作戦に協力。
インシクは段々オクボン不在に不便を感じてきたぞ~

オクボンに付き添ってたミンス、ユジンが以前からオンマの体調を心配してたこともあって検診を
受けさせたんだけど・・・神経科の問診で引っかかったオクボン!

ジンスはやっと希望していた職種で就職が決まって家族は大喜び♪
オンマは娘二人が幸せで、ジンスまで就職が決まったからもう十分だと嬉し涙にくれるオンマ。
これであとはミンスが子供を産んであっちのお父さんが喜んでくれたらいいんだけど・・・という妻の
肩を抱くアッパ。

オクボンはうつ病の一種だと知り合いの医者から言われてショックを受けるユジン。
憤怒症候群といわれてて怒りを我慢することでストレス性の障害が生じるらしく、もう少しこの症状が
続くと深刻な状況(狭心症や心筋梗塞、うつ病など)になるところだったと言われて、そのことに気が
つかなかった自分を反省するユジン。
今後はストレスを発散させてあげてと言われたのにオクボンは夫が心配だからとさっさと退院しようと
してユジンが「オンマ、死にたいのか!」と怒鳴りつけちゃって
--------------
第66回
オクボンは夫インシクが自分に与えるストレスのせいで胸が苦しかったりしたのかと知ります。
治療も必要だけどアボジにも変わってもらわないと、それに怒りたいときにはちゃんと怒っていいんだ
と怒りを無理に押し込めたらダメだというユジン。

インシクはそろそろオクボンの不在に寂しさを感じてて・・・オクボンに会いに病院に行ったのに、
ストレスを発散させようとユジンたちがオクボンをカラオケに連れていくところを見かけてしまいます。
電話をかけてもシラを切る家族たちの車を尾行したインシクは自分以外の家族が楽しんでいる現場に
踏み込み、固まる家族たち。

家に帰ったインシクはミンスがオクボンのありがたみを自分にわからせようとしたことだと知って当然
激怒しちゃって。
実家に帰れ!と怒鳴るインシクに、ユジンがウソをついたのには理由があるんだとオンマが具合が悪い
ことを説明しようとするのに、ミンスに出て行け!と怒鳴りつけるインシクに、
「私が出て行きます!」
といきなりオクボンが言い出します。
子供のしたことは私の責任なんでしょ?だから私が出ていきます、あなたと暮らしてるとおかしくなる、
私はあなたのせいで精神的な病気になったのよ!と初めてインシクに反抗して家を出たオクボン。

もう我慢も限界で反抗してみると意外と気持ちがスッキリしたらしいオクボンさんで・・・
結局治療のためにまた病院に戻ったオクボンを見舞いに行ったミンス母はそこであのギウクにバッタリ
出会っちゃって!