FC2ブログ
ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018年のクリパ企画に参加しました。 の第二弾。

加筆修正しました。

お題は「体の芯まで冷える寒さを、何をもって癒せば良いのか?」でした。
ウダルチ編で一つ書いたのですが、なんだかセットにしたくてムガクシ編を
考えました。

では、どうぞ~

/////////////
~ムガクシの場合~

「寒くないの?」
訊かれてウォルとヨンシが顔を見合わせる。そのまま視線を質問した人物の方へと向ける。お持ちになって
いるものを全てお召しになっているのではないか。そんな風に思うほど医仙は着膨れておいでだった。
自分たちも防寒のためにいくらか重ね着をしているが、医仙からすると寒そうな恰好に見えたのだろう。
寒くないと言えばうそになる。けれど、警護する上で身体の動きが鈍くなるほど着込むわけにはいかない。
ヨンシと目配せをしてからウォルは、
「寒くないわけではありませんが、耐えられぬほでもないかと・・・」
と答える。
「うーん。やっぱり、貴女たちのように、身体を鍛えて代謝をあげたほうがいいのよね、きっと。
でも、手っ取り早くこうなんとかならないものかしら」
冬は始まったばかり。そのうちケギョンは更に冷え込む日々を迎えることになる。今から身体を鍛えても
間に合うはずがないし、そもそももっと楽な方法で身体を温めたかった。
ウンスは、眉間に皺を寄せて真剣に考え込む。
と、すぐにウンスが喜色満面の顔で、二人を見返してきた。
「ああ!あったわ!やだ、あれがあったじゃない」
何やら名案が思い付いた様子で、しかもはしゃいでいた。
「ヨンシさん、ウォルさん」
「はい」
「はい」
「お願い、手伝って」
『何を?』
再び顔を見合わせる二人に、
「あと三人ほどムガクシさんを呼んできてくれる?できれば非番の人がいいわ」
「あ、はい。それでは、呼んで参ります」
怪訝な顔の二人に、ウンスは笑顔を向けてくる。
「みんなで温まろう!」

ウンスは、典醫寺の薬草園の端へとムガクシたちを連れてきて、クルリと振り返る。
「じゃ、いくわよ。みんな横に一列に並んで」
言われた通りにムガクシ五人が並ぶと、ウンスも一番端に揃って並ぶ。
「で、こうやって腕を組むの」
ウンスが隣に立っているヨンシの腕を借りて、やってみせる。何をやらされるのか不安な面持ちのまま、
見よう見真似で言われた通りに皆が腕を組む。
「あ、いけない!ちょっと待ってて」
組んだ腕を外すと、ウンスは転がっていた石を拾って地面に大きな円を一つ描いた。
これで、ウンスとムガクシたちは描かれた円の中に入る恰好になった。
「さあ、それじゃ始めましょ。こうやって外向きに円になって・・・」
ウンスを含めた六人が、背を向けあって円の陣形を作る。
「これは、押し競(くら)饅頭っていう遊びなんだけど、身体がすごく温まるのよ。
円の外に一番最初に押し出された人が負けね。何回かやって、一番負けた人は皆にクッパを
奢るってルールね」
勝負事と温かい食べ物。
ムガクシたちの目が鋭い輝きを帯びる。

結果。
ウンスは、いい運動になって身体は温まったが、財布はちょっぴり寒くなった。

しばらくムガクシたちの間で、押し競饅頭が流行ったとか流行らなかったとか。
スポンサーサイト
2018年のクリパ企画に参加しました。

このお話は「同じセリフで話を書こう」という企画に参加したときのものですが、
例のごとく字数制限に泣きました(笑)

今回、加筆修正してから出しているので発表したときとはなんかニュアンスが
違っているような気がしないでもない。(気のせいかな)

ちなみに、お題は「体の芯まで冷える寒さを、何をもって癒せば良いのか?」でした。
頂いたお題をそのまま一行目で突っ込みましたヨン。

では、どうぞ~

///////////////

~ウダルチの場合~

「体の芯まで冷える寒さを、何をもって癒せば良いですか?」

新入りのウダルチがチュソクに尋ねる。

この新入りは、昨夜歩哨に立っていたのだが、あまりの寒さに直立不動の姿勢を保てず、
宿舎に戻ったあと組長のチュソクに注意されていたところだった。

直ぐさま叱りたい衝動がこみ上げたチュソクだったが、ふと妙な心地に囚われて開きかけた
口を閉じた。
『何だろう。この心地は。前にもこんなやり取りをした気が・・・』
気が削がれたチュソクは、新入りを改めて見つめる。
鍛錬を始めたばかりで、身体つきは線が細く、こちらを窺う目には反抗的な色はない。
この寒さをどうやって凌いでいるのか。純粋にそのことを尋ねたいようだ。

すると、その話を傍で聞いていたトルベが、口を開きかけたチュソクを差し置いて喋り始めた。
「やぁ、お前はだな、鍛え方が足りないんだよ」
トルベは椅子から立ち上がると、ぬっと顔を新入りに突き出してそういった。
「見ろ。オレぐらいになるとだな、こんな寒さなど屁でもないんだよ。身体の造りが違うんだ」
二の腕に力こぶを作って新入りに見せ付けるが、衣の上からではわかりづらく、新入りは曖昧な
顔つきになる。
「ゴホン!まあつまりだな。身体を鍛えるとそれだけ身の内の熱が上がるのだ。これはオレが
言ってるんじゃないぞ。医仙がそう仰ったんだ」
医仙の名を出した途端になるほどという表情を浮かべた新入りに、勢いづいたトルベが続ける。
「よしっ!お前、今日はオレがみっちりと鍛錬してやろう」
新入りの肩をぽんと叩くと、トルベはそのまま行ってしまった。
トルベはウダルチの中で五指にはいる猛者だ。その猛者から直々に鍛錬を受けることになり、
新入りは、顔に不安と憂鬱の色をにじませる。
チュソクはその顔を見て、はたと合点がいき、フッと笑みを漏らす。
「鍛えることで身体は引き締まり、熱が逃げぬのだ。鍛錬を励めば、寒さにも負けぬ身体が
手に入る。励めよ」
チュソクもそう言うと、肩に軽く手を置いて立ち去った。

部屋を出て、チュソクはふと振り返る。
思い出した。
かつての自分もそうだったことを。

それまでとは比べようのない厳しい鍛錬に、己も弱音を吐いたことがあった。
「慣れろ。他に術はない」
それだけ言って立ち去るテジャンの後ろ姿を思い出した。

湧き上がる思いが、暫くの間寒さを忘れさせるようだ。
チュソクは力強く一歩踏み出すと、あの日の背中を追いかけるように歩き出した。
以前に華流ドラマ「宮廷女官ジャクギ」とその韓国版リメイク「麗」について
感想記事を言ってからかなりの歳月が経過。

簡単ですが、二つのドラマについて注目したところをささっと書きます。
ちなみに未見の方にも読んで頂けるようになるべくネタバレはしていない(つもり)です。

◆ここが印象に残った【ジャクギ編】 ※ヒロインの名はジャクギ
①履物 
女性の履物がすんごいヒールなんですが、これを履いて走るヒロインたちに驚愕(笑)
またこの履物がいい音するので気になりました。<履物は「花盆底靴」というそうです>

②髪型
華やかで、シャラランとした簪(かんざし)みたいなのがつけてあるときもあって。
重くて大変そうですが、花が飾ってあるせいか、華やか目を楽しませてもらいました。

③お茶
お茶を飲むシーンというのが多かった気がします。ジャクギがお茶を淹れる担当?だった
せいなのかもしれませんが・・・
茶器も素晴らしいものばかりでしたよ(そんなところばっかり見てる)

④お辞儀
皇子たちとバッタリ出会ったりすると、ジャクギたちはお辞儀をするのですが、皇子たちが
「いいよ」というまでその姿勢をキープしてて。地味に筋肉使いそうだなぁと(笑)
回が進んでいっても、この動作を端折ることなくいつでもちゃあんと毎回毎回お辞儀して
いる演出は褒めてあげたい(上から目線な感想でゴメンなさい)

◆ここが印象に残った【麗編】 ※ヒロインはIUさん演じるヘ・ス
①OST
一時期は「麗」のOSTをけっこう聴いていました。
個人的には音楽は韓国のほうが好きだったかな。
BGMがけっこうケルトっぽい雰囲気のする曲もあったりで・・・(気のせいかもですが)

②佳景
ヒロインと第四皇子が逢引きする(或いはバッタリと出会う)場所として、どちらのドラマにも
「舟」を浮かべた景色の良い場所(佳景)が登場します。
ただ、「ジャクギ」のほうはあまりその場所は登場せず、「麗」のほうが頻繁にストーリー内に
出ていました。
(ジャクギのほうであまり登場しない理由については第四皇子が語っていました)
「麗」の佳景は、水原(スウォン)の公園だそうです。
ヒトツバタゴ(別名:ナンジャモンジャ)の花が満開ですごくいい風景でしたよん。

③マント
どちらのドラマにも、第四皇子がマントでヒロインをかばうシーンがあるのですが、
魅せる演出は「麗」のほうがドラマチックだった気がします。

◆それぞれのドラマでウルウルしたところ
「ジャクギ」は、ジャクギの侍女のエピソードで泣きました。
(いやぁ、なんかねぇ、切ないっていうか、彼女の一途な思いに泣かされた)
「麗」は、オ尚宮のエピソードで泣いたわ~

◆感じたこと
さて、どちらのドラマにも共通していたのはヒロインが自分の存在に苦しむところ。
この時代にタイムスリップしてきた自分の存在が他の人を死に追いやることに
なってしまったのでは?と自らを責めるわけで・・・
なので、どちらのドラマも終盤は見るのがちょっと辛いんです(T_T)
ストーリー展開の盛り上がりに乗っかって一気に見るしかないかな(笑)

以上、もはやうろ覚えになっている記憶を繋ぎ合わせて
何とか記事にしてみました。

////////
明日から出勤だよ・・・
正月気分が抜けねぇ
子供の新学期も火曜日から始まる。
取りあえず今日から正しいリズムで過ごさねば(^_^;)

あけましておめでとうございます♪


久しぶりの更新で、文章を書くのに一苦労(笑)
ひょっとしたら二次のお話を書くよりも時間がかかったかもです。
(あ~久しぶりすぎて感覚がわからない)

去年は、いろいろあって更新がピターッと止まってしまいましたが、
今年は、去年よりはもう少し記事をアップできるのではないかと思います。
(・・・いつもの狸の皮算用です)

それと・・・
年末に、当サイトの翻訳記事も突如全部引っ込めたことで、
ご訪問頂いた皆様を驚かせてしまったことを今一度お詫び致します。
いつか、内容を見直して再掲出来たら・・・とは思っています。

さて、今年は私にとってどんな一年になりますでしょうか。
できれば、去年みたいに変化の多い年ではなく、
穏やかで家族が健康に過ごせればいいなと願っております。

皆様にとりまして、新しい年が幸多き素晴らしい一年となりますよう
心からお祈り申し上げます。

おりーぶ
おはようございます。

今年も残すところあとひと月。
一年ってほんとにあっという間に過ぎてしまいます。

タイトルの通り、本日50問50答と台本記事を削除しました。

本来ならば、お知らせしてから一定の期間をもうけて
その後削除というかたちをとるべきとは思ったのですが、
事後のおしらせになりましたこと、心からお詫び申し上げます。


おりーぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。